MENU

現役パニック障害患者が教える、パニック障害の人が読むべきおすすめ本5選

こんにちは、パニック障害持ちのカズオ@cazuo_happyです。
 
現在は安定剤をたまに飲むレベルまで改善しました。でも、安定剤は肌身離さず持ち歩いてます。
 
昔はパキシルという抗うつ薬を飲んで、安定剤を2種類飲んで、ようやく生活できるってくらい悪い時もありました。
 
あの時は本当につらかった・・・・
 
ここまで良くなったことに感謝です。ほんとに。
 

回復期のパニック障害は本を読むことでさらに快復する

 
この記事では現役パニック障害のカズオが、パニック障害にいい影響があった本を紹介します。
 
ここで紹介している本はすべてカズオが実際に読んで、良かったものだけを厳選しているので本当にオススメできます。
 
なので良い本があれば随時追加予定。
 
カズオがこの記事を書いたのは、今この瞬間パニック障害によって、人生の苦境に直面していたり、将来に悲観的になっていたりする人の力になるためです!
 
では紹介していきます!
 

1.薬なし、自分で治すパニック障害

世の中では、「パニック障害」と言えば「心の病気」と受け止められています。しかし、この本では、そこを少しばかりねじ曲げて「身体の病気」としても捉えてみたいと思います。なぜか。そう考えることによって、治療がうまくいくからです。

引用:森下 克也. 薬なし、自分で治すパニック障害 

心療内科医・医学博士の森下克也氏の1冊

医師が書いた本ですが、難しい表現はなく、とても読みやすくスラスラ読めます。

面白いのは「パニック障害を身体の病気と捉えてみる」「パニック発作を自律神経ストーム(自律神経の嵐)と呼ぶ」考え方。

ワケのわからない脳の病気、理由なき不安ではなく、自律神経の嵐なんだよというアドバイスが最初に読んだ時には衝撃でした。「精神疾患、脳の病気になってしまった」というマイナスの考え方がかなり楽になった1冊。 

パニック障害になってしまったけど、なんの予備知識もなく医師の言うことを聞いているという人は必ず読んだ方がいい1冊。

 

2.パニック障害からの快復 こうすれば不安や恐怖は改善できる 

胸がドキドキする、息苦しい、手足がふるえる、頭がふらふらする、吐き気がする、力が抜ける…突然やってくる、この不安と恐怖は何?どうすれば治る?
7ステップの快復プログラムを紹介。


著者はパニック障害に苦しむ人たちのために電話でカウンセリングを行うアメリカの団体「パスグループ」の創設者シャーリー・スウィード
 
こちらも『薬なし、自分で治すパニック障害』と同様、身体的な面からパニック障害を捉えている感が強いのでおもしろい。
 
7つの原則に基づいた具体的アドバイスが載っています。
 
この本の中で役にたったのはQR法(quieting reflex)という6秒間のリラクゼーション方法。パニック発作が起こりそうになったら行う具体的なリラクゼーション方法、カズオも何度か試しましたが効果がありました。
 
その他にも様々な役に立つ体験談が載っていてオススメです。
 

3.乗るのが怖い 私のパニック障害克服法 

「パニック障害はどうやってよくしていくんですか?」と相談を受けて、 いろいろな対処法を教えても、「 そうは言っても仕事が忙しくて――」 という人は、まずダメだ。いくらよい対処法を知っていても、自分でやらなければ絶対に治らない。医師はそれを助けてくれるだけ。「100%自分で治す」という意識を持たない限りは、医師がどれだけ努力しても治らないのである。

引用:乗るのが怖い 私のパニック障害克服法

 

f:id:kuroniko96:20170712121035j:plain

長嶋一茂さんのパニック障害の体験談との克服方法が記された1冊。

発症した時の気持ち、悩み、辛さ、葛藤などは経験者だからこそ書けるもので、パニック障害の人のにとっては共感できる点も非常に多い

ただの体験談ではなく、「薬を飲んでいるうちは根治したとは言えない」「100%自分で治す」と重篤なパニック障害であったにもかかわらず、必ず治すという強い意志と具体的な方法が詰まった1冊

個人的に参考になったのは孤独と飢えを味方にする考え方。この本のおかげでパニック発作が出にくい体質に近づきました。

 

4.シロクマのことだけは考えるな!人生が急にオモシロくなる心理術 

1987年にこんな実験が行われています。集めた人を3グループに分け、何も説明せずに、シロクマの1日を追った50分程度の映像を見せる。(中略) そして観終わった後、研究者は3グループそれぞれに、「シロクマのことを覚えておけ」「シロクマのことは考えても考えなくてもお好きなように」「シロクマのことだけは考えるな」と、別々のことを告げるのです。
そして1年後。内容を1番克明に覚えていたグループはどれでしょう?それはなんと「シロクマのことだけは考えるな」と禁止されたグループだったのです!
考えまいとすれば、するほど考えてしまう、忘れることができないということ。思考を抑制しようとすることが、かえって思考を活性化させてしまう、という現象が明らかになったのです。

引用:シロクマのことだけは考えるな!

 

著者はホンマでっかTVなどにも出演中の心理学者、植木理恵先生

f:id:kuroniko96:20170726111849j:plain

植木先生自身も深刻なパニック障害に悩んでいた経験があり、パニック障害の経験者+心理学者の視点から勉強を重ね、植木理恵式解決法にたどりついたそうです。

上記の3冊とは違いパニック障害をメインに取り扱った本ではなく、一部にパニック発作への対応法が載っています。

しかし、この解決法はカズオには結構効果がありましたのでオススメ本として紹介します。

 

5.脳内不安物質 

(詳細追記予定 )

パニック障害と関連本について

本当に状態が悪いときには、こういった本は読む気になれないかもしれません

でも、少し落ち着いたら読むことを強くオススメします。

パニック障害について知ることが、一番の快復への近道です!