このブログとカズオのプロフィールについて

自己紹介 

f:id:kuroniko96:20170716141721j:plain

こんにちは!カズオです!

広島県在住の30歳男性! 仕事をしながらブログ書いてます!

介護福祉士、精神保健福祉士、社会福祉士の経験があり、現在はそれらを生かして福祉職系のサラリーマンとしてがんばっています!

仕事はつらくないけど、楽しくもないというという感じ。
福祉系なので年間120日くらい休めて残業はほとんどありません。有給も普通に使います。その辺はお気に入りポイントですね(^_^)

このブログについて


カズオの幸福追求権はカズオが書きたいことを書く雑記ブログです。
なので、当然カズオが好きなこと、興味のあることを書きます!


記事の内容としては、雑記、パニック障害、ファッション、旅行などが多くなります!

 

カズオの好きなこと


ファッションが好き(^_^)

20歳くらいの頃は「東京へ行ってスタイリストになりてぇー、それでモデルとかグラビアアイドルと付き合いてぇー」とか思っていました。

しかし、不安定さが怖くなり、結局ただのファッション好きになりました。

なので、ブログではファッション関連の記事を書きます。好きなことを発信できる場があることはいいことですね!

英語圏の文化が好き(^_^)

夜のオークランドf:id:kuroniko96:20170719134120j:plain

ファッション繋がりで英語圏の文化が好きです。現代のファッションはアメリカ、イギリス、ヨーロッパ抜きには語れませんからね!

英語圏の文化は好きですが、英語圏には1回しか行ったことはありません。英語力も低く、空港でテンパっていたら現地の日本語が喋れる人に助けてもらったとかそういうレベル。

宿代をボッタクられそうになった時はさすがに気づきました。「こいつなら宿代ぼったくっても気づかないんじゃね?」と思われたんでしょう。それくらいの英語力です。

もっと英語圏の文化に触れたいですね!

カズオとパニック障害


26歳くらいからパニック障害になりました。

 

www.cazuo-happy.com

 

 パニック障害はカズオの人生に多大な影響を与えました。パニック障害のせいで苦労し、転職し、悩みました、なのでパニック障害は大嫌いです。

 

ですので、このブログではパニック障害について書きます。目標は安定剤を飲まず、持ち歩かず、根治させること。パニック障害の人に有益な情報を提供する記事を書きたいです!

 

幸福追求権とは?


このブログのタイトル【カズオの幸福追求権】にある幸福追求権とは何か?

もちろん某宗教団体とは関係ありません。重たい意味もありません。

幸福追求権は

 

すべての国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

日本国憲法13条

 からとりました。

改憲派、護憲派とか関係なく、幸福追求権というワードがお気に入りなんです。

人間いろいろな価値観はあるけど根底にあるのは「幸せに暮らしたい」 「幸せに生きていきたい」じゃないですか?

だから、このブログを通してカズオも幸せになりたいし、読んだ人の幸せに貢献するブログにしたいって思っています!

ソーシャル

ツイッターとインスタグラムをしてます!

両方とも

→ @cazuo_happy

気軽にフォローしてください(^_^)

絡んでくれると喜びます!

絡みたい人はツイッターから気軽にどうぞ。

 

最後に


マイペース更新でブログを続けていますが、ブログという趣味は孤独です。

ブログをやっていることはリアルでは全く誰にも言っていませんので寂しいのですw

 

ブロガーと絡みたい

ブロガーって主張が強くて、面白い人が多いですよね。面白いってのは人として興味深い的な意味でね。

パソコンに向かってコツコツ自分の内面を表現していく人って、主張したい自分の考えがあるってことじゃないですか?
 

普通に生きていたら、そんな面白い人とかかわることなんて無いですよね。

だからブロガーと積極的に絡んでいきたいと思っています! 

要するに

ブログ書いてる人は仲良くしてください!よろしくお願いします!

 ということです(^_^)

ゆるゆると更新していくのでこれからもよろしく!

 以上!

ブログを開始から5ヶ月!初めて収益が出たので記録しておく!それと読まれてる記事!

f:id:kuroniko96:20170715194619j:plain

こんにちは!カズオです!

個人の備忘録的な記事です!

2017年2月7日にブログを開始して、同年7月15日

5ヶ月間ブログを書いてきて、昨日7月14日初めて収益が発生しました!

 

ブログ開始から5ヶ月、7月14日時点の収益は?

 

googleアドセンス→84円

 

以上!

 

いやー少ない

でも、嬉しい!

月1,000PV前後のブログで初めてのワンクリック!

アドセンス通って適当に貼っただけなので、後から貼りなおす予定ですが・・・・

なにも考えずに適当に貼っただけなんでね・・・・

社会人になってから、お給料と中古品をヤフオクとか、メルカリで売る以外でお金を稼いだのは初めてだからね!

振込まで7,000円強足りなくてもやっぱり嬉しーさー! 

 

5ヶ月間ブログを書いてきて思ったこと


5ヶ月間、月に3記事くらいのペースで更新してきました

カズオは毎日更新を目指してるんですけどねw

5ヶ月間続けて、ブログについて今思っていることを備忘録的に書いていきます!

 

ブログは農業。収穫までは時間がかかる。

ブログは農業だと、どこかで書いてありました!

まさにその通りです!

カズオの幸福追求権みたいな現時点でコンテンツとして魅力の低いサイトで収益84円が発生したのは、荒れた畑に偶然できたプチトマトのようなモノでしょう

でも、これからこのブログでやりたいことや、書きたいことはいっぱいあるので、これからも続けます!

収穫増やしていきてぇー!

 

ブログを書くことは楽しい! 

有名な他者のブログと比べたら、下手で読みにくいブログですけど、書くことは楽しい!

これはマジで!

書くこと自体が楽しいというよりも好きなモノをつくっていく行為、試行錯誤しながら理想形に近づけいく作業が楽しいよね

だから下手な文章、読みにくい文章を見て後悔するのも楽しいんです!

このブログのアクセスの6割強はひとつの記事

どの記事が収益を上げているとかレベルの高い話ではなく、単純にアクセスの多い記事はどんな記事なのか?

それは

 

www.cazuo-happy.com

 この記事がアクセスの6割です!

 なぜこの記事がアクセスの6割を占めているのか?


 単純に

 

““リゾルト 裾上げ””

 

で検索するとgoogleで1位に表示されるからでしょう

公式ホームページを越えて1位です

裾上げが必要ないジーンズブランドであるリゾルトを裾上げしたらどうなるのか?

そんなニッチな情報を検索する人にはいい情報なんでしょう!

 

今後の展望

継続することは出来るので、今後は質を上げていきたいですね。

独特の読みにくさもあると思うので・・・笑

やりたいことはいっぱいあるので、それを少しづつやっていく感じで!

以上!

現役パニック障害患者が教える、パニック障害の人が読むべきおすすめ本3選

こんにちは、パニック障害持ちのカズオです!
 
現在は安定剤をたまに飲むレベルまで改善しました。でも、安定剤は肌身離さず持ち歩いてます。

 

パニック障害の体験談はこちら↓
www.cazuo-happy.com

 
昔はパキシルという抗うつ薬を飲んで、安定剤を2種類飲んで、ようやく生活できるってくらい悪い時もありました。
 
あの時は本当につらかった・・・・
 
ここまで良くなったことに感謝です。ほんとに。
 

回復期のパニック障害は本を読むことでさらに快復する

 
この記事では現役パニック障害のカズオが、パニック障害にいい影響があった本を紹介します。
 
ここで紹介している本はすべてカズオが実際に読んで、良かったものだけを厳選しているので本当にオススメできます。
 
なので良い本があれば随時追加予定。
 
カズオがこの記事を書いたのは、今この瞬間パニック障害によって、人生の苦境に直面していたり、将来に悲観的になっていたりする人の力になるためです!
 
では紹介していきます!
 

1.薬なし、自分で治すパニック障害

世の中では、「パニック障害」と言えば「心の病気」と受け止められています。
しかし、この本では、そこを少しばかりねじ曲げて「身体の病気」としても捉えてみたいと思います。
なぜか。
そう考えることによって、治療がうまくいくからです。

引用:森下 克也. 薬なし、自分で治すパニック障害 

心療内科医・医学博士の森下克也氏の1冊

医師が書いた本ですが、難しい表現はなく、とても読みやすくスラスラ読めます。

面白いのは「パニック障害を身体の病気と捉えてみる」パニック発作を自律神経ストーム(自律神経の嵐)と呼ぶ考え方。

ワケのわからない脳の病気、理由なき不安ではなく、自律神経の嵐なんだよというアドバイスが最初に読んだ時には衝撃でした。「精神疾患、脳の病気になってしまった」というマイナスの考え方がかなり楽になった1冊。 

パニック障害になってしまったけど、なんの予備知識もなく医師の言うことを聞いているという人は必ず読んだ方がいい1冊。

 

2.パニック障害からの快復 こうすれば不安や恐怖は改善できる 

胸がドキドキする、息苦しい、手足がふるえる、頭がふらふらする、吐き気がする、力が抜ける…突然やってくる、この不安と恐怖は何?どうすれば治る?
7ステップの快復プログラムを紹介。


著者はパニック障害に苦しむ人たちのために電話でカウンセリングを行うアメリカの団体「パスグループ」の創設者シャーリー・スウィード。
こちらも『薬なし、自分で治すパニック障害』と同様、身体的な面からパニック障害を捉えている感が強いです。
7つの原則に基づいた具体的アドバイスが載っています。
この本の中で役にたったのはQR法(quieting reflex)という6秒間のリラクゼーション方法。パニック発作が起こりそうになったら行う具体的なリラクゼーション方法、カズオも何度か試しましたが効果がありました。
様々な役に立つ体験談が載っていてオススメです。
 

3.乗るのが怖い 私のパニック障害克服法 

「パニック障害はどうやってよくしていくんですか?」と相談を受けて、 いろいろな対処法を教えても、「 そうは言っても仕事が忙しくて――」 という人は、まずダメだ。いくらよい対処法を知っていても、自分でやらなければ絶対に治らない。医師はそれを助けてくれるだけ。「100%自分で治す」という意識を持たない限りは、医師がどれだけ努力しても治らないのである。

引用:乗るのが怖い 私のパニック障害克服法

 

f:id:kuroniko96:20170712121035j:plain

長嶋一茂さんのパニック障害の体験談との克服方法が記された1冊。

発症した時の気持ち、悩み、辛さ、葛藤などは経験者だからこそ書けるもので、パニック障害の人のにとっては共感できる点も非常に多い

ただの体験談ではなく、「薬を飲んでいるうちは根治したとは言えない」「100%自分で治す」と重篤なパニック障害であったにもかかわらず、必ず治すという強い意志と具体的な方法が詰まった1冊

個人的に参考になったのは孤独と飢えを味方にする考え方。この本のおかげでパニック発作が出にくい体質に近づきました。

 

パニック障害と関連本について

本当に状態が悪いときには、こういった本は読む気になれないかもしれません

でも、少し落ち着いたら読むことを強くオススメします。

パニック障害について知ることが、一番の快復への近道です!